退職金額の2分の1及び年金分割を獲得して、早期の離婚成立となった事例

財産分与を得た上での離婚成立

状況 離婚したい
離婚の争点 財産分与 年金分割
手続きの種類 調停 交渉
担当事務所 千葉法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:退職金額の2分の1
    年金分割:按分割合0.5

事案概要

依頼者は、相手方からの長年にわたる精神的暴力(いわゆるモラハラ)に耐えてきましたが、相手方の定年退職を機に離婚することを希望され、当事務所へご相談にいらっしゃいました。
離婚にあたり、依頼者は財産分与(退職金)と年金分割を希望されていましたが、依頼者自身で相手方へ交渉したとしても、聞く耳を持ってもらえず、交渉が難航することが予想された為、速やかかつ可能な限りの円満な離婚成立を求め、当事務所へご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は、受任後速やかに相手方へ受任通知を送付し、離婚に向けた交渉を開始しようとしましたが、相手方からの回答はなく、担当弁護士からの電話にも出ない状態が続きました。円満な離婚成立を希望された依頼者のために交渉での離婚成立を目指しましたが、相手方との交渉の機会を持てなかった為、依頼者と相談の上、離婚調停申立てへ方針を変更しました。
相手方へ離婚調停を申立てる旨を書面で通知したところ、ようやく返答があり、離婚に向けての話し合いが開始され、相手方は当初離婚を拒んだものの、担当弁護士からの説得により、離婚に応じることとなりました。
また、年金分割については、離婚成立後に別途調停手続きを経て、按分割合を定めることで合意することができました。

結果

結果として、
・財産分与として、退職金額の2分の1の約1000万円を獲得
・年金分割として按分割合を0.5とする調停の成立

上記の条件に合意し、依頼者の希望に沿った早期での離婚成立を達成することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー