夫婦関係が破綻していることを丁寧に主張し、慰謝料を大幅に減額した事例

不貞慰謝料請求事件

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 裁判
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:1,650万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円

事案概要

ご依頼者様は、交際相手の方が既婚者であることを理解したうえで長年事実上の夫婦として過ごしてこられました。交際するにあたっては、交際相手の方から、妻とは遥か昔から夫婦関係が終わっていると説明を受けていました。交際を開始してからかなりの時間が経過した後、この事実上の夫婦関係が妻に発覚し、妻が不貞慰謝料請求を求めて訴えを提起しました。
ご依頼者様と交際相手の方の間にはお子様がおられることや、交際期間が長期にわたることなどを理由として、妻からは高額な慰謝料請求がなされました。

弁護士方針・弁護士対応

そもそも「夫婦関係が交際開始時には既に破綻していたこと」の主張を基礎づける事実の主張は丁寧に行うようにしました。また、妻の主張には、憶測や事実誤認に基づく点が多くあるとのことであったため、妻の主張と矛盾するような事実が無いかを確認し、証拠を収集するようにしました。当事者ご本人だけでなく、その周囲の方から交際関係や当時の夫婦関係などについて詳細にお伺いし、交際開始当時より、事実上の妻はご依頼者様であるとの事実を主張していき、慰謝料額の減額を目指すこととしました。

結果

結果として200万円で和解に至ることとなりました。訴状を受け取られてから約半年間で解決に至ることができ、スピード感をもって事件終了に至ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー