解決金を相手方請求額の半分以下に減額して調停成立した事案

離婚調停

状況 離婚
離婚の原因 モラハラ 性格の不一致
離婚の争点 慰謝料 婚姻費用 財産分与 養育費 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    解決金:4000万円
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:1000万~1500万円

事案概要

性格の不和等が原因で相手方と別居することになった依頼者が、出来るだけ早期の離婚を見据えて来所相談されました。依頼者自身では相手方ときちんと話合いをすることは難しかったため、弁護士が介入するメリットが大きく、依頼者もそれを希望していたため、離婚調停を申し立てることを前提に、受任する運びとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

受任後、早速相手方に対し受任通知を送り、離婚についての交渉を行いました。半年間交渉を行ったものの、残念ながら交渉はまとまらなかったため、離婚調停を申し立てることになりました。互いに離婚することについては争いがなかったため、争点となったのは解決金(養育費を含む)の額となりました。当初4000万円と高額な解決金を要求してきた相手方でしたが、依頼者の収入資料等を示しながら、かかる金額について根拠がないことをはじめとして相手方の主張にひとつひとつ丁寧に反論していき、減額に努めました。

結果

最終的に解決金は、養育費を含めて1000万~1500万円と、当初の相手方の要求額の半分以下という大幅な減額に成功することができました。子の面会交流についての取り決めもすることができたので、金額も含めた内容については、依頼者も十分に満足しておられるようでした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー