弁護士介入後、1カ月強で協議離婚を成立させた事例

離婚交渉

状況 離婚
離婚の原因 別居
手続きの種類 交渉
担当事務所 神戸法律事務所

事案概要

ご依頼者様は、結婚後子供1人に恵まれたものの、相手方の育児不協力やそれに伴って喧嘩が続発し、両親を交えて話し合いをするも復縁することはできず、離婚を考えるに至りました。 しかし、相手方とこれ以上協議はしたくない、相対して協議することに疲弊され、代わりに弁護士に間に入ってほしいということで、弊所にご相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は、ご依頼者様が速やかな離婚の成立をご希望され、ご依頼者様として相手方と直接協議を進めていくことに疲弊されていたために、協議離婚での離婚の成立を進めるべきとして、交渉での介入をすることとしました。

介入するタイミングでご依頼者様には、別居をしていただくこととし、別居後、速やかに弁護士が離婚協議を進められるように準備を整えました。
実際に弁護士が介入した後は、相手方もこれまでの協議の状況から復縁を諦めており、あとは離婚条件次第であると観念して、協議が進むことになりました。

担当弁護士は、速やかな協議離婚の成立のために、ご依頼者様の希望と、相手方の希望をすり合わせて、双方が納得できる条件を取り付けることに成功し、離婚協議書も作成して、離婚届を提出することができました。

結果

最終的には、担当弁護士が交渉を開始して、1カ月強で離婚条件のすり合わせが完了し、離婚協議書を作成し、離婚を成立させることができました。

担当弁護士としては、相手方の主張もしっかり耳に入れて、ご依頼者様にも伝えるなど早期解決に向けた姿勢が双方に伝わったためにスピード解決することが出来たのだと思います。

本件のように、相手方と直接話したくない、これ以上協議することは疲れるなどと思っておられる方は、弁護士であれば、代わりに相手方と交渉・協議することができますので、離婚問題に精通した弁護士がいる、弁護士法人ALGの神戸法律事務所の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー