離婚拒否する相手方に対し、解決金や財産分与を取り決め離婚成立した事例

条件付きでの離婚を承諾

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 その他 性格の不一致
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
    【依頼前・初回請求額】 離婚を強行に拒否
      【依頼後・終了時】 条件付きでの離婚を承諾

事案概要

依頼者は2年ほど単身赴任で相手方と別々に暮らしていました。単身赴任の前から、依頼者は、相手方と5年ほど性交渉がなく、食事の好みも合わないことから、単身赴任をきっかけに離婚を切り出しました。しかし、相手方が離婚に応じる気配はなく、もう少し時間をくださいと言われ続け、2年が経過しました。

依頼者は、これ以上自分で相手方に話しても、はぐらかされるだけで離婚できないと、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件には、相手方が強硬に離婚を拒否しているうえ、離婚原因として列挙されているような事情がないという問題点がありました。

それに加え、相手方は、依頼者に対して、何を理由に離婚を拒否しているのかを伝えていないため、依頼者は、何をすれば離婚に応じてもらえるのかがわからないという問題点がありました。

そこで、弊所担当弁護士が、相手方に対して、依頼者の離婚の意思が固い以上、もう同居して仲良く過ごすというのは難しいこと、将来の生活が不安であるのであれば、経済的な支援をする覚悟はあることを、書面及び電話で説得的に説明しました。

結果

交渉結果として、

相手方は、条件次第では離婚に応じると、離婚を承諾する方向への考えを示すようになりました。

この段階で、相手方への経済的支援の内容を決めるために、相手方が代理人をつけ、

・依頼者が相手方に解決金を一括で支払うこと
・財産分与として、相手方が使用していた依頼者名義の自動車を相手方が取得すること

等の内容で合意に至りました。

依頼者は受任時点でかなり疲弊していたため、担当弁護士は、相手方から連絡が来れば即時に対応し、相手方を根気よく説得しました。その結果、相手方が早期のタイミングで離婚を承諾する方向への考えを示すようになり、離婚成立という結果を獲得することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー