セックスレスによる離婚と慰謝料請求について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

離婚しようと考える理由は、ご夫婦によって様々あるかと思います。なかには、「セックスレス」を理由に挙げる方もいらっしゃるでしょう。セックスレスであっても、お互いがそれで問題ないと考えているのであれば良いのですが、どちらかが不満を抱いていると、離婚に至る場合もあります。

それでは、セックスレスを理由に離婚することはできるのでしょうか?本記事で詳しく解説します。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-519-116

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

この記事の目次

セックスレスを理由に離婚することはできるのか

夫婦間で話し合う「協議」や、家庭裁判所の調停委員を通して話し合う「調停」では、夫婦の合意があれば離婚は成立するので、セックスレスを理由に離婚することはできます。

しかし、合意できずに「裁判」を行う場合、裁判所に認められなければ離婚することはできません。そして、裁判所に離婚が認められるには、民法に定められている次の5つの離婚理由のいずれかに当てはまっている必要があります。

  • ①配偶者に不貞行為があったとき
  • ②配偶者から悪意の遺棄をされたとき
  • ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

セックスレスによる離婚の場合、当てはまる可能性があるのは「⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」です。それでは、具体的にどのようなケースなら離婚が認められやすく、反対に認められにくいのか、確認していきましょう。

離婚が認められやすいケース

例えば次のようなケースでは、裁判で離婚が認められやすいといえます。

  • 正当な理由なく性交渉を拒否されている場合
  • 相手が不倫していてセックスレスになっている場合

“正当な理由なく”というのは、「異性として見られなくなったから」等の理由で性交渉を拒否している場合です。「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして、離婚が認められる可能性があります。

ただし、性交渉を拒否した回数がほんの数回であったり、セックスレスの期間が2ヶ月程度と短かったりすると、婚姻関係が破綻しているとまではいえないとして、離婚が認められないことがあります。

なお、相手が不倫している場合、「不貞行為」にあたると判断され、離婚が認められる可能性が高いです。不貞行為とは、配偶者以外の人と肉体関係を持つことをいいます。

離婚が認められにくいケース

一方、裁判で離婚が認められにくいと考えられるのは、次のようなケースです。

  • 相手が性交渉を拒否することに正当な理由がある場合
  • 高齢になって自然と性交渉がなくなった場合
  • 生活時間のズレからセックスレスになっている場合

“正当な理由がある”といえるのは、例えば「病気や怪我で一時的に性交渉ができない」といった場合です。やむを得ず性交渉を拒否しているので、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があると判断される可能性は低いでしょう。

また、高齢の夫婦や、共働きの夫婦などの場合は、一方が性交渉を拒否するのではなく、お互いにだんだんと性交渉をしなくなり、セックスレスになるケースもあるかと思います。こうしたケースも、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があるとは判断されにくいです。

セックスレスの状態とは?

セックスレスとは、病気などの特別な事情がないにもかかわらず、1ヶ月以上、性交渉をしていない状態のことをいいます。1994年に、日本性科学会によってセックスレスの定義が発表されました。

法律上、夫婦が性交渉をしなければならないという決まりはありません。しかし、性生活に対する価値観の違いは、ともに過ごしていくうえで見逃せない問題です。自分は性交渉を望んでいるのに相手は望んでおらず、セックスレスになっている場合、このまま夫婦関係を続けていっても良いのか悩んでしまうでしょう。その結果、離婚を決断する方もいます。

セックスレスの原因

そもそも、どうしてセックスレスになるのでしょうか?具体例をいくつかご紹介します。

夫が拒否するケース

妻を女性として見られなくなったから、性欲がないから、不貞行為をしているから等の理由で、夫が性交渉を拒否し、セックスレスになることがあります。

妻が拒否するケース

妻が性交渉を拒否することで、セックスレスになる夫婦もいます。妻が拒否する理由には、夫が拒否する理由と同様のことが当てはまりますが、例えば妊娠を機に性交渉に対して身体的・精神的負担を感じ、拒否するというのは、妻側に特有の理由といえます。

産後のケース

妻側としては育児による疲労や寝不足で性交渉をする体力や気力がないから、夫側としては出産に立ち会ったことで妻を女性として見られなくなってしまったからというような理由で、セックスレスになることがあります。

セックスレスを理由に離婚する場合の慰謝料請求

セックスレスが、法律上の離婚理由である「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当している場合、傷つけられた心への賠償金として、慰謝料を請求することができます。

そのため、例えば正当な理由もなく性交渉を拒否されてセックスレスになり、それが原因で離婚することになった場合には、裁判で慰謝料が認められやすいといえます。ただし、セックスレスの期間が数ヶ月程度だと、慰謝料が認められないケースも多いです。婚姻期間の長さや夫婦の状況等によって異なることもありますが、慰謝料が認められるには、おおよそ1年以上のセックスレスの期間が必要になるでしょう。

なお、セックスレスを理由に離婚する場合の慰謝料の相場は、50万~200万円といわれています。ただ、夫婦間で話し合って合意できれば、いくらにするかは自由に決められます。

何年もセックスレスの場合は離婚慰謝料が高額になる可能性がある?

個別の事情によっては、相場を超える高額な離婚慰謝料が認められるケースもあります。例えば、次のようなケースでは、離婚慰謝料は高額になる可能性があるでしょう。

  • セックスレスの期間が長い(一般的には3年以上)
  • 結婚してから一度も性交渉をしていない
  • 相手(性交渉を拒否している側)が不貞行為をしている
  • 相手が性交渉をするための努力をしていない
  • 自身(性交渉を拒否された側)が初婚 ※再婚の場合に比べて高額になりやすいです

そのほか、「婚姻期間の長さ」「子供の有無・人数」「お互いの年収」などによっても、離婚慰謝料は高額になることがあります。

セックスレスを証明するための証拠

セックスレスを理由に離婚する場合には、「セックスレスである」ということを証明するための証拠の存在が重要になってきます。相手が「事実ではない」と否定してくることもあるからです。特に裁判では、裁判所が判断を下すため、第三者から見てわかるようなセックスレスの証拠は欠かせません。

セックスレスの証拠になり得るものの例としては、次のようなものがあります。

セックスレスが記載されている日記やメール

セックスレスについて記載されている日記やメモは、証拠として役立つ可能性があります。「あとから自分に都合の良いことだけ書いた」などと疑われないよう、手書きで毎日記録し、日付も記載しておくことをおすすめします。

なお、「性交渉を求めたけど、“お前のことはもう女として見られない”と言われ拒否された。」といったように、内容はなるべく具体的に記載することが重要です。

また、夫婦間でやりとりしたメールのなかで、セックスレスの状況になっていることがわかるものがあれば、とっておきましょう。証拠になる可能性があります。

生活状況を示した表

夫婦の生活状況を示した表は、「生活時間がズレているわけではないこと」を明らかにし、性交渉ができるのにセックスレスになっていると主張するときの証拠として役立つでしょう。何時に帰宅・就寝・起床しているのか等、日々の生活サイクルがわかるものであればよく、詳細なものを作成する必要はありません。

セックスレスに関する夫婦での会話を録音したもの

相手が性交渉を拒否している発言や、セックスレスになっていることについての夫婦間の会話などを録音したものは、セックスレスの有効な証拠になり得ます。また、自分勝手に性交渉を拒否し、セックスレスになっていることを相手が謝罪している場面を録音したものも、有効な証拠になる可能性があります。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-519-116

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

セックスレスでの離婚で後悔しないためにできること

セックスレスを理由に離婚したものの、
・結婚していたときよりも生活が苦しくなってしまった
・離れて初めて相手の大切さに気づき、寂しくなってしまった
といったことから、「離婚しなければよかった…」と後悔してしまう方もいます。

後悔しないよう、離婚時に請求できるお金はしっかりと請求して受け取りましょう。また、専業主婦(主夫)の場合は仕事先を探す等、離婚後の生活を見据えて準備しておくことも、金銭面で後悔しないためのポイントになります。

一方で、寂しさによる後悔を防ぐには、感情に任せて離婚に踏み切らないことが大切です。夫婦でよく話し合い、状況を改善するための努力をしたうえで決断した方が、後悔しにくいでしょう。

セックスレスを主な理由とする離婚が成立した裁判例

ここで、セックスレスを主な理由とする離婚請求が認められ、離婚が成立した裁判例を2つご紹介します。

福岡高等裁判所 平成5年3月18日判決

事案の概要

夫(被告)は結婚当初から性交渉を嫌い、長男をもうけたものの、特に平成2年頃から全く性交渉を拒否するようになり、1年以上セックスレスになっていました。その反面、夫自身はポルノビデオを見て自慰行為をしていました。こうした状況は、法律上の離婚理由である「婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当するとして、妻(原告)が離婚と慰謝料の支払いを求めたという事案です。

裁判所の判断

第一審では、夫婦関係を継続し難い重大な事由があるものといえると判断し、妻の離婚請求を認め、夫に慰謝料120万円を支払うよう命じました。

そこで、この原判決は不当であるとして夫が控訴しましたが、棄却されました。
控訴審(第二審)では、以下について正常な夫婦の性生活からすると異常というほかないとしました。

  • 性交渉は入籍後約5ヶ月内に2、3回程度と極端に少ない
  • 平成2年2月以降は全く性交渉がない
  • 夫(控訴人)自身はポルノビデオを見て自慰行為をしていた

こうした性生活に関する夫の態度は、婚姻生活が既に破綻しているものといわざるを得ず、「婚姻を継続し難い重大な事由」があると認め、原判決は相当であると判断しています。

東京地方裁判所 平成15年2月18日判決

事案の概要

妻(被告)は平成7年に長女を出産してから性交渉を拒否し続け、セックスレスになっていました。また、平成8年頃から妻が家事育児をほとんどしなくなったこと等もあって、平成11年頃から別居状態となり、夫(原告)が離婚や親権の獲得、慰謝料等の支払いを求めたという事案です。

裁判所の判断

裁判所は、3年以上の別居状態が続いていることから、婚姻関係は破綻しているものと認めました。そして、婚姻関係が破綻に至った原因は、妻が性交渉を拒否し、家事育児をほとんどしなかったことにあるとして、夫の離婚請求を認めました。また、親権者を夫とすることを認め、妻に慰謝料200万円の支払いを命じました。

離婚とセックスレスに関するQ&A

Q:

離婚原因が妊娠中のセックスレスの場合は認められますか?

A:

妊娠が契機となって、セックスレスが一時的ではなく長期間にわたり、通常の婚姻生活とはいえないような状況になったような場合には、裁判所に離婚が認められる可能性があるでしょう。

ただし、妊娠中の場合、体調が優れないことなどから女性側が性交渉を拒否するケースもあれば、お腹の赤ちゃんへの影響を心配して男性側が性交渉を拒否するケースもあるでしょう。

そのため、妊娠中のセックスレスを理由に離婚慰謝料を請求しても、性交渉を拒否するのには正当な理由があり、やむを得ないことだとして認められない可能性が高いです。

Q:

夫婦仲は良いのですがセックスレスです。ほかに不満はないのですが、離婚できますか?

A:

話し合って相手の同意が得られれば、離婚することができます。まずはセックスレスを理由に離婚したいと思っていることを相手に伝え、話し合ってみましょう。

もし相手の同意が得られない場合には、家庭裁判所に「離婚調停」を申し立て、調停による離婚を目指します。それでも相手が離婚に同意してくれない場合には、「離婚裁判」を起こし、裁判所に判断を求めることになります。

ただし、セックスレスであっても夫婦仲が良く、婚姻関係が破綻しているとはいえないのであれば、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という法律上の離婚理由は認められず、裁判で離婚が認めらないる可能性があります。

Q:

セックスレスが原因で子供を連れて離婚した場合、養育費は請求できますか?

A:

離婚の原因がセックスレスだったとしても、通常の離婚と同じく、親権を獲得してこれから子供の世話をしていくことになった側は、相手に養育費を請求することができます。

養育費は子供の成長を支えるために必要なお金であり、夫婦の問題とは切り離し、親子の問題として考えていくべきものです。そのため、離婚原因が何であるかに関係なく養育費は請求できますし、基本的に離婚原因が金額に影響することもありません。

Q:

セックスレスで離婚したら親権に影響はありますか?

A:

セックスレスで離婚したことが、親権に影響することは基本的にありません。裁判所は、夫婦のどちらが親権者としてふさわしいか判断するとき、何より重視するのが「子供のしあわせ」であり、夫婦の問題とは別に考えるからです。

具体的には、夫婦それぞれの子供への愛情や、経済的な安定性、これまでの子育ての状況など、様々な事情を総合的に見たうえで、どちらのもとで育った方が子供にとって幸せかを考え、親権について判断します。そのため、仮にセックスレスの原因が自分にあったとしても、親権を獲得できる可能性はあります。

Q:

配偶者が単身赴任のためセックスレスです。離婚できますか?

A:

相手が同意してくれれば離婚できますが、同意してくれずに裁判になった場合、離婚するのは難しいでしょう。単身赴任は、仕事の都合上やむを得ないことだからです。

単身赴任により別居状態となり、セックスレスになってしまったとしても、正当な理由または特別な事情があると判断され、「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」には当てはまらないとされる可能性が高いです。

なお、別居期間が相当長期であった場合には、裁判所に離婚を認めてもらえることがあります。しかしながら、単身赴任は、ここでいう“別居期間”には基本的に含まれません。したがって、たとえ単身赴任による別居状態を理由に離婚を求めたとしても、離婚が認められるのは難しいといえます。

Q:

婚姻時に子供を希望していたのにセックスレスになり、離婚に至った場合は慰謝料を請求できますか?

A:

相手から性交渉を拒否されてセックスレスになっており、拒否する理由が正当なものとはいえないのであれば、裁判で離婚が認められる可能性が高く、その場合には精神的ダメージを受けたとして慰謝料を請求できます。

また、子供を希望していたのに協力してくれなかったことから、夫婦の協力義務違反だとして、離婚が認められて慰謝料を請求できる可能性もあります。

なお、セックスレスを理由とした離婚での慰謝料は、50万~200万円の範囲内に収まるケースが多いです。

セックスレスで離婚を考えることはおかしいことではありません。まずは弁護士にご相談ください

セックスレスで離婚を考えることは、決しておかしいことではありません。自分は性交渉を望んでいるのに、相手から特に理由もなく拒否されてしまったら、心が傷つくのは当然です。セックスレスの状況が長くなればなるほど、夫婦関係を続けていく気が薄れてしまうでしょう。

セックスレスで離婚を考えたときは、まずは弁護士にご相談ください。弁護士なら、お一人おひとりの状況に応じて、法的知識に基づいた適切なアドバイスができます。また、相手との交渉や裁判での主張・立証を代わりに行うなど、離婚の手続きをサポートすることも可能です。

周囲に相談しづらく、ひとりで悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。後悔せずにこれから先の人生を明るい気持ちで歩んでいくためにも、弁護士と一緒に納得のいく解決を目指していきましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-519-116

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する
弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修:谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)

弁護士法人ALG&Associates 事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。