弁護士法人ALG&Associates 離婚相談弁護士 離婚相談弁護士

浮気は認めるが慰謝料が高額なので支払いが苦しい。

不倫・不貞慰謝料の減額

離婚の争点 慰謝料の請求

事例

浮気相手の妻からの請求

相談内容

相談者は、浮気相手の妻から浮気を理由とする慰謝料を請求されており、事実関係に争いはないものの、経済的に困窮しており高額の支払いが苦しかった事案。

結果

相手方(浮気相手の妻)請求者の気持ちにも配慮しながら、事案の内容から高額の慰謝料が認められるべき事案でないこと、及び、依頼者の状況が非常に苦しいことを説明し、支払総額50万円程度(分割払い)にて合意することに成功しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他