弁護士法人ALG&Associates 離婚相談弁護士 離婚相談弁護士

お互いに合意の上で不貞行為を行ったにもかかわらず、無理やり性行為をさせられたとして相手女性から損害賠償請求をされた。

請求の取り消し

その他 損害賠償

当事者の希望

事実と異なる請求には応じられない。

相談内容

職場の女性から誘われるような形で、その女性と不貞行為を行ってしまいました。性行為を行うこと自体はその女性も納得していたはずです。
しかし、後日相手女性から訴状が届きました。訴状を読んでみると、私が職場での立場を利用し嫌がる相手方女性と無理やり性行為を行ったというようなことが書かれていました。訴状に書かれていることについては身に覚えがありません。どうすればいいでしょうか。

結果

訴訟において、相談者と相手女性の職場でのポジションをきちんと説明し強制をかけられるような立場ではないことを裁判所に説明しました。また、両者でやり取りされたメールや、行為があった前後の両者の行動を明らかにして相手の主張がおかしいことを指摘しました。結果、相手からの請求がすべて棄却されました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他