受任通知発送から6日間で、合意書作成済の不貞慰謝料の減額に成功した事例

合意書作成済の不貞慰謝料250万円からの減額

状況 離婚したくない
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】250万円
  • 【依頼後・終了時】130万円(120万円の減額)

事件概要

本事例は、依頼者が弊所に依頼する前の段階で、相手方から不貞の証拠を掴んだと指摘を受け、不貞慰謝料を250万円とする合意書がすでに作成されてしまっていました。

依頼者は、不貞慰謝料の減額を希望することから、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

弊所担当弁護士は依頼者に対して、すでに合意書が作成されていたため、相手方は減額に応じる理由はなく、大幅な減額は困難であるという説明を行いました。

それを踏まえて相手方に対し、すでに合意書は作成済だが、250万円の支払いは困難であり解決までに時間がかかること、場合によっては訴訟を提起していただくことになることを伝え、減額に応じていただけるなら早期解決が望めること等を伝えました。加えて、依頼者の謝罪の意思も伝えました。

結果

弊所担当弁護士による相手方への交渉の結果、当事者間で作成した合意書を撤回しました。当初の不貞慰謝料250万円から120万円を減額した、130万円を支払うといった新たな合意書の作成に至りました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー