弁護士介入後、初回調停でスピード解決し、充実した内容で離婚成立となった事例

依頼者および子供が経済的に充実した状態での離婚

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 財産分与 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 埼玉支部
結果
    【依頼前・初回請求額】
  • 慰謝料:150万円(長期分割払い)
  • 養育費:子供が20歳になる月まで
    【依頼後・終了時】
  • 解決金:375万円(一括払い)
  • 養育費:子供が大学等へ進学した場合には、大学等を卒業するまで
  • 財産分与:時価250万円程度の自動車の獲得

事件概要

本件は、相手方が不貞を行い、自宅から出て行き、不貞女性と一緒に生活を開始したものの、その後、自宅で生活していた依頼者と子供を自宅から追い出し、自らが不貞女性とともに自宅での生活を開始しているような状況でした。

依頼者は、1年近く当事者間で調停を行っていたため、かなり疲弊した状態で弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • 相手方による、慰謝料150万円を長期割払いという当方が到底受け入れることができないような提案
  • 相手方による、養育費について、子供が20歳になる月までしか支払わないという提案
  • 弁護士が介入するまでに、当事者間で1年近く調停を継続しており、膠着(こうちゃく)状態にある
  • 住宅購入費の一部分に当方の特有財産が使われているという当方の主張根拠が乏しい

以上に加えて、当方に長年代理人が付いていなかったことから、相手方は「有責配偶者」という状況についての認識が甘く、自らの都合で離婚しようとしていました。

そこで、弊所担当弁護士が、相手方は有責配偶者である以上、依頼者側に対する経済的支援が乏しい場合、当方は離婚に応じることは困難であることを、書面および調停の場で説得的に主張しました。

結果

調停結果として、

  • 相手方が当方に解決金として375万円を一括で支払うこと
  • 養育費について、子供が大学へ進学した場合には、大学等を卒業するまでという支払い期間が延長したこと
  • 財産分与として、時価250万円程度の自動車を当方が獲得すること

等の内容で合意に至りました。

依頼者は受任時点でかなり疲弊していたため、担当弁護士は、介入後初回調停期日までに依頼者との打合せを重ね、事前に書面等を提出し、調停に臨みました。その結果、初回の調停という早期のタイミングで充実した調停結果を獲得することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他