婚約破棄の不当性を否認される懸念がある中、慰謝料に加え引越し費用等の支払いを受ける内容で合意できた事例

婚約破棄による慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 埼玉支部

事件概要

依頼者は、結婚を約束していた相手方に別れを告げられ、婚約破棄になったとして、慰謝料の請求、婚約破棄に基づく財産的損害として、引越し費用と引越し先の賃料の支払いを請求したいとのことで弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本事案は、相手方から婚約破棄の不当性を否認されるおそれがありました。しかし、弊所の担当弁護士は、すでに同棲していること、婚約指輪とまではいえないものの指輪の受取りがあること、両親への挨拶が済んでいること、ラインのやりとりの記録があること等から、婚約破棄の不当性を立証していきました。

担当弁護士は、相手方からの一方的な婚約破棄を主張するとともに、相談者の年齢や将来の不安定さを伝えることで、慰謝料の増額交渉を行いました。併せて、同棲していた住まいからの引越し費用等についても、婚約破棄によって生じた損害であるという因果関係の相当性を強く主張しました。

結果

交渉の結果、婚約破棄の慰謝料として、100万円の一括払いに加え、36万円の分割払い(3万円×12回)で合意し、別途、引越し費用、引越し先の賃料等として約45万円の支払いを受けることができました。

弊所において、法的な解決だけではなく、依頼者の精神的ケアも定期的に行うように心がけた事案です。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他