交渉により、養育費算定表以上の養育費獲得と自宅の名義変更の合意が得られた事例

離婚に向けた養育費の確保と自宅の譲受けに関する交渉

状況 離婚 離婚したい
離婚の争点 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 千葉支部

事件概要

相手方が、これまでしていなかったお洒落を始めたこと、相手方の性病検査の受付表を発見したことから不審に思っていたところ、次第に相手方に無視をされるようになったため、離婚をしたいと思うようになりました。そこで、離婚をするなら、公正証書を作成したいとお考えになり、弊所へ相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の要望が通りやすいように、離婚したい意思はみせず、相手方が離婚したいのであれば、条件によっては応じるという姿勢で交渉を進めることにしました。しかし、相手方が依頼者を無視していたことからみて、交渉が進まないおそれがありました。また、自宅が夫婦の共有名義であったため、銀行が名義変更に応じない可能性がありました。

そこで、相手方が離婚したがっているとの見立てのもと、相手方の要求に応じる代わりに、依頼者の要求を受け入れるよう、相手方と交渉をしました。

結果

上記のように交渉したことで、スムーズに離婚の合意及び公正証書の作成が出来ました。また、養育費も養育費算定表よりやや高めの金額を獲得することができ、自宅の名義変更についても合意を得ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他