相手方が離婚を拒否していたにもかかわらず、真摯な対応を続け離婚が成立した事例

相手方に対する離婚請求

状況 離婚 離婚したい
離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の減額
手続きの種類 調停
担当事務所 千葉支部

事件概要

依頼者が子供の習い事先の保護者の女性と親しくなったために、相手方が依頼者の不貞行為を疑うようになりました。相手方が依頼者の所有物を処分したり、その女性に対して迷惑をかけそうな言動をしたため、依頼者は夫婦としての信頼関係が崩れたと感じ、別居を開始しました。その後、相手方から婚姻費用の調停を申し立てられたことから、弊所にご相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

相談時、依頼者は過剰に生活費を負担していたため、婚姻費用については適正な金額まで引き下げることにしました。併せて、離婚調停を申し立てることによって、早期の離婚成立を目指すこととしました。

相手方は、子供を理由に離婚を拒否し続け、離婚の成否が困難な状況でした。しかし、調停を進めていくうちに、依頼者が当初の原因である不貞行為の疑惑について説明をすれば、相手方は離婚を検討すると態度を軟化させました。そのため、相手方からの照会文書に対して、真摯に回答することで、依頼者の離婚成立に向けた活動をしました。

結果

婚姻中の婚姻費用については、相手方が請求していた金額から適正額に引き下げることに成功しました。

さらに離婚については、相手方は些細な事実をもとに想像を膨らませ、依頼者の不貞行為を疑っていましたが、照会文書に真摯に回答したことにより、相手方もこれ以上引き出せるものはないと判断し、離婚に応じた結果となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他