弁護士の尽力により、高額な請求金額を大幅に減額できた、不貞慰謝料被請求の事例

不貞慰謝料の減額

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪支部
その他 その他
結果
  • 【依頼前・初回請求額】慰謝料(被請求額):400万円
  • 【依頼後・終了時】慰謝料(被請求額):150万円

事件概要

依頼者は、職場の同僚である相手方の夫と不貞関係になり、相手方に気づかれるのも時間の問題という状況でした。そこで、不貞関係について発覚する前に、相手方に謝罪をしたうえで、法的関係を清算することを希望され、弊所にご来所のうえご依頼いただくことになりました。なお、依頼者と相手方の夫は、不貞関係の継続を希望していました。

弁護士方針・弁護士対応

交渉するうえで、相手方には、依頼者が不貞相手との関係を継続させていることを徹底的に秘匿しました。

慰謝料の被請求額が400万円と高額でしたが、交渉では、金額の提案以外には特に協議すべき事項はありませんでした。しかし、相手方が回答に時間をかける人物であったため、交渉は長引きました。

結果

担当弁護士の粘り強い交渉の結果、請求された慰謝料額から大幅に減額した金額(150万円)、かつ本件についての口外を禁止し、相手方と不貞相手との接触も禁止する旨に加え、清算条項を盛り込んだ解決を図ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他