弁護士の粘り強い対応によって、有責配偶者からの離婚請求を成立させた事例

離婚請求

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 裁判
担当事務所 大阪支部
結果
  • 【依頼前・初回請求額】慰謝料:800万円
  • 【依頼後・終了時】解決金:400万円

事件概要

依頼者は、他の弁護士に依頼して離婚調停を行っていたものの不成立で終わったため、離婚を成立させることを希望して、弊所に相談にいらっしゃいました。依頼者はいわゆる有責配偶者であり、相手方と別居している状況でした。

弁護士方針・弁護士対応

有責配偶者であることは証拠上明らかで、かつ別居期間も短く、判決で離婚が認められる可能性は極めて低かったため、次のような弁護方針をとりました。

  • ・相手方を説得し離婚に応じさせる(和解する)
  • ・相手方に提案する解決金(損害賠償金)を可能な限り低額とする

依頼者の希望どおりの結果を導くために、有責配偶者からの離婚請求に関する裁判例を数多く調べて対応に当たりました。

結果

解決金を400万円(分割払い)とする内容の和解が成立しました。 当初は完全に離婚を拒否していた相手方に対し、粘り強く交渉や訴訟追行を行うことで、最終的に離婚を勝ち取ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他