段階を踏んだ交渉を行った結果、200万円の慰謝料の減額に成功した事例

相手方からの不貞慰謝料請求に対する減額交渉

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪支部
結果

慰謝料(※減額交渉)

  • 【依頼前】300万円
  • 【依頼後】100万円

事件概要

相手方に就いている弁護士から依頼者宛に、依頼者と相手方の夫(以下、「不貞相手」といいます。)との、数年間にわたる不貞行為に対する慰謝料として、300万円を請求する旨の内容証明が届きました。依頼者と不貞相手は結婚を考えており、慰謝料の減額を望む依頼者と、相手方との離婚を望む不貞相手のお2人で、弊所へご相談に来られました。

なお、不貞相手と相手方が婚姻関係にある関係上、利益相反についてご説明し、承諾書に署名をいただいたうえでの受任となりました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の希望は、①300万円の金銭は支払えないため、150万円程度に減額したい、②不貞相手と結婚したいので、相手方には不貞相手と離婚して欲しい、というものでした。担当弁護士は、数年間の不貞行為に関する直接証拠が複数存在していることを考慮したうえで、①・②の希望を実現するために、段階を踏んで交渉を行う方針で事件を進めました。

具体的には、まず、相手方側からの請求に対して、相手方と不貞相手がまだ離婚もしていない状況で、300万円の請求には応じられないと主張しました。その後、相手方と不貞相手の離婚成立を確認したうえで、依頼者に支払い能力がないことを主張し、300万円から減額するよう交渉しました。

結果

 交渉の結果、当初の請求額から200万円減額した、100万円の慰謝料を支払うことで合意に至りました。

慰謝料の減額だけでなく、交渉の過程で相手方と不貞相手との離婚をも実現させ、依頼者の希望に沿った内容で解決に導いた事案です。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他