自分が子供たちを育てていくと決めたうえで協議離婚をしたが、後日元妻から子供の引き渡しを求められた。

監護権の指定

離婚の争点 親権 監護者指定 子の引き渡し

当事者の希望

今まで通り子供たちと暮らしたい。

相談内容

元妻とは妻の不貞行為が原因で協議離婚をしました。その際、私が子供たちを育てていくということには、元妻も納得したうえで離婚届を提出しました。
しかし、ある日元妻から監護権者指定の審判というものを申し立てられました。どうやら元妻は、離婚届は無断で提出されたものだと主張しているようです。そして、子供たちの面倒を見るのは母親である自分がふさわしいと言っているようです。私としては、今まで通り子供たちと暮らしていきたいのですが、どうすればいいでしょうか。

結果

手続きの中で、相談者のもとで子供たちが健やかに生活していることを主張し、今後も相談者のもとで生育していくことが子供たちの福祉にとっても良いということを裁判所と元妻にも理解していただきました。その結果、子供たちはこれまで通り相談者と一緒に生活していくことになりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他