証拠を基に的確な主張を行い、相手方から不貞慰謝料を獲得した事例

離婚、親権、養育費、不貞慰謝料請求の代理交渉

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 親権
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪支部

事件概要

相手方の不貞行為を原因として離婚を決意した依頼者は、不貞慰謝料の請求等を含めた交渉による離婚を望まれていました。

しかし、実は依頼者にも交際相手が存在し、その事実が発覚する前に離婚を実現したいとのことでした。また、交渉によって解決できなければ、調停も辞さない構えであったため、弁護士の必要性を感じ、弊所にご相談くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者には、離婚の決着がつくまでは、交際相手には会わないようにとご説明し、相手方との交渉を進めました。

主な争点は、不貞慰謝料の金額でした。相手方は不貞を認めたものの、相手方の経済状況等から100万円以上は支払えないと主張してきました。そのため、担当弁護士は、不貞の証拠を基に、少なくとも150万円は必要であるとする反論を行いました。

結果

慰謝料は当方の主張どおり150万円とすること、併せて、親権者を依頼者とすることで合意しました。なお、相手方の経済状況等から、慰謝料は一括支払いとせず、算定表を基準に算出した養育費に上乗せして、分割で支払ってもらう内容で離婚が成立しました。

また、分割での支払いとなったため、不払い等が生じた際の備えとして、合意内容を公正証書として残しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他