親権者としての適格性を主張することで、父親が親権の獲得に成功した事例

親権の獲得

状況 離婚
離婚の原因 別居
離婚の争点 男性の親権 監護者指定
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪支部

事件概要

依頼者は、相手方(妻)が子供を連れて別居を開始し、調停を申し立ててきたので、調停手続での対応を弁護士に依頼したいと考え、弊所にご来所されました。調停での主な争点は、「親権」についてでした。

弁護士方針・弁護士対応

当方は、まず、依頼者に対して、「男性(父親)が親権を取得することは難しい」という現状をしっかりと理解してもらいました。 そのうえで、親権獲得を目指して、依頼者の親権者としての適格性や、今後の監護を十分に行える環境が整っていることを説得的に主張しました。

結果

調停期間中も並行して行っていた面会交流を通して、子供が相手方に対する以上に依頼者に懐いてくれたこともあり、最終的に相手方が親権を諦め、依頼者が親権を獲得することとなりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他