感情的な相手方に弁護士を就けるよう誘導し、慰謝料および養育費の減額、かつ離婚成立となった事例

慰謝料および養育費減額請求、離婚請求

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料の減額 養育費の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】慰謝料2000万円、養育費月12万円
  • 【依頼後・終了時】解決金400万円、養育費月8万円

事件概要

依頼者は、他の女性と不貞関係にあり、その事実が相手方に発覚していました。依頼者は、不貞相手との再婚を望み、相手方との離婚成立を求めて、弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

相手側は、親が相当感情的になっている状態で、仮に離婚する場合は、慰謝料2000万円、養育費月12万円という内容の請求をしてきました。

そこで、弊所担当弁護士は、相手方に対して弁護士を就けるように誘導し、代理人同士で交渉を行うことによって、感情的になることなく落としどころを見つけられるようにしました。

結果

別居して間がないため、担当弁護士による冷静かつ粘り強い交渉の結果、離婚できないかもしれないというリスクを抱えながらも、解決金400万円、養育費月8万円といった内容で合意に至ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他