20年以上連れ添った夫が不貞行為をしたので離婚したい。

養育費、財産分与

離婚の争点 親権 養育費 養育費の請求 養育費の増額

当事者の希望

夫との離婚を考えているが、その際に子供たちが十分な教育を受けられるだけの養育費を定めたい。
また、夫から慰謝料や財産分与も求めたい。

夫は潔癖なところがあり、掃除整頓について細かく指摘をしてきました。また、自分の都合を優先するような亭主関白な面もありました。それでも、私は耐えて夫を支えてきました。しかし、興信所を使い調査したところ夫が浮気をしていることが判明しました。20年以上にわたり夫を支えてきた私としては裏切られたような思いです。夫とは離婚をしたいですし、子供たちに十分な教育ができるように確保をしたいです。また、適正な財産分与と慰謝料請求も行いたいです。

結果

夫の不貞行為を指摘し、相談者と夫との離婚が成立しました。また、子供二人については相談者が育てていくことになりました。

そのうえで養育費については、子供たちが今後大学に進学していくことも考えて、一人当たり月9万3000円の合計月18万6000円を22歳になるまで支払うことに定ました。

さらに、財産分与として持ち家のうち夫名義となっていた部分について相談者が譲り受けたほか、200万円の支払いを受けることを定めました。加えて慰謝料として300万円の支払いを得ることに成功しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他