妻の不貞相手から、相場を大幅に上回る金額の慰謝料を獲得することができた事例

不貞慰謝料請求

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京オフィス

事件概要

依頼者は、妻が、依頼者の職場の上席(以下、「相手方」という。)と不貞関係にあることを知りました。

妻と相手方が、休憩時間に性交渉をしているとの認識を持った依頼者は、自身で現場を動画に収めるまでに至りました。その証拠をもって、相手方に対して慰謝料請求することを希望され、弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は、相手方本人にしか見られない形で通知書を送付し、相手方本人と示談交渉を開始しました。なぜなら、相手方には妻子があり、家族には絶対にその事実を知られたくない様子であったからです。

なお、依頼者の要求額は、一般的な不貞慰謝料の相場を大幅に上回る金額でした。

結果

最終的に相手方は、金融機関から必要額を借り入れ、即金で慰謝料の支払いに応じてきたため、当方の要求どおりの内容で示談成立となりました。

これには、相手方の「家族に知られたくない」という強い気持ちが作用したものと思われ、相手方とその家族に配慮する形で交渉を行ったことが、功を奏した事案といえます。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他