不貞の事実を伏せたまま離婚訴訟を提起してきた相手方に対し、相場以上の養育費や財産分与等を認めさせた事例

相場以上の養育費および財産分与の請求

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 財産分与 養育費 養育費の増額
手続きの種類 裁判 交渉
担当事務所 東京法律事務所

事件概要

相手方は、依頼者に対して不貞の事実を隠して有責配偶者であることを伏せたまま、離婚を求めて離婚訴訟を提起してきました。

依頼者は、離婚はしても良いと考えていたものの、相場以上の養育費と財産分与を取得することを希望していたため、弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者側には相手方の不貞の証拠が複数あったため、裁判自体、当初から和解を促される内容で進んでいました。主な争点としては、依頼者が希望する「相場以上の養育費と財産分与を取得できるか否か」でした。

なお、当時の算定表上の相場では、養育費が月5万円、財産分与としては依頼者がすでに自動車を保有していたため、法律を形式的に適用すると0円の状態でした。

弊所の担当弁護士が、依頼者の希望に添うために、離婚には一切応じないスタンスを貫いた結果、相手方代理人は匙を投げ、訴訟の取下げを行うに至りました。

結果

訴訟の取下げ後、相手方と直接交渉した結果、解決金約400万円、財産分与約200万円、養育費月7万円という内容で合意を締結しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他