婚姻費用2800万円の差押えに対し、請求異議訴訟を提起し、全額弁済済みとして0円と認定され、同時に離婚が成立となった事例

請求異議訴訟、強制執行停止の申立て、離婚訴訟、婚姻費用減額請求調停

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 別居
離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の減額 財産分与
手続きの種類 調停 裁判
担当事務所 東京オフィス
その他 その他
結果
  • 【依頼前・初回請求額】婚姻費用として銀行預金2800万円を差押えられた
  • 【依頼後・終了時】0円

事件概要

依頼者は、相手方と別居中であり、調停において婚姻費用は月額20万円で合意していました。しかし、その支払いは、条項で定めた口座に振り込むのではなく、家賃の現物給付や手渡しによって履行されていました。相手方はその点をついて、依頼者の銀行預金に対して2800万円を差し押さえる内容で強制執行の申立てを行いました。

依頼者は、強制執行を停止すること、債務がないことを明らかにして離婚することを望み、弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

弊所担当弁護士は、請求異議訴訟を提起し、同時に強制執行停止の申立てを行い、担保を供託して強制執行の効力は停止されました。また、並行して、離婚訴訟の提起、婚姻費用減額請求調停の申立てを行いました。

請求異議訴訟においては、婚姻費用の未払いがあるか否かという点、離婚訴訟においては、相手方が財産分与請求として、未払いの婚姻費用2800万円をさらに請求してきたため、それが既判力、二重起訴禁止、信義則に反して許されないのではないかという点が、主な争点となりました。

結果

請求異議訴訟の尋問が行われ、裁判所の心証として、婚姻費用は全額弁済済みであるとの見解が示され、2800万円の請求は実際のところ0円と認定されました。

また、家庭裁判所で行われた請求異議訴訟という特色から、離婚訴訟ではないのにもかかわらず、その和解の中で依頼者が200万円程の支払いをして、離婚が成立することとなりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他