弁護士に相談したことで、早期に協議離婚が成立した事例

協議離婚における合意書作成

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 福岡支部

事件概要

依頼者の不貞行為が発覚したことで夫婦関係が悪化し、離婚すべきか否か悩まれた依頼者は、弊所に法律相談のため来所されました。依頼者は、離婚するのであれば、相手方には依頼者の実家でもある自宅から退去してもらいたいと希望されていました。

そこで担当弁護士は、夫婦で再度話し合い、離婚という結論に至るようであれば、依頼者が有責配偶者にあたることから、不貞行為の慰謝料および夫の生活支援の趣旨で、解決金100万円を支払うという条件を提示することをアドバイスしました。

その後、協議の結果、離婚が成立したため、依頼者は合意書の作成を弊所に依頼されました。

弁護士方針・弁護士対応

合意書に記載すべき内容について、相手方の性格等をよく知る依頼者と共に詳細を協議し、書面作成を行いました。

結果

担当弁護士によるアドバイスが功を奏し、協議離婚が成立したうえ、付帯条件についても早期に大筋の合意が得られました。合意書にはその内容を遺漏なく記載し、離婚時には依頼者の希望どおり、相手方も自宅から退去しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他