妻側で離婚に頑なに反対し、依頼者の希望する金額の慰謝料を取得した事例

依頼者の希望する金額の慰謝料を取得

状況 離婚 離婚したくない
離婚の原因 不倫・浮気 別居
離婚の争点 慰謝料 婚姻費用 養育費 その他
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 350万円
  • 【依頼後・終了時】250万円

事案概要

夫が浮気をして自宅を出ていったのであるが、調査会社の証拠は別居後の不貞の証拠のみであった。夫は同居中の不貞は否認した。依頼者としては、離婚、慰謝料請求を夫に対して当初求めていたが、途中から離婚はしないという方向に傾き始め、最終的にはこちらの条件を全て受け入れる場合は離婚するという考えに変更となった。

弁護士方針・弁護士対応

離婚条件としてあえて過大な請求をし、また、不貞相手の女性に対しても慰謝料請求をした。また、婚姻費用分担調停を申立をした。

結果

婚姻費用分担調停は一回で終了し、夫には多額の婚姻費用の支払い義務が生じた。その結果、当初は全くこちらの条件には応じないと相手方は述べていたが、徐々に軟化していって、最終的には依頼者の希望する金額に近い形で合意することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他