低額な慰謝料を提示してきた相手方を無視し、不貞相手の女性への徹底的な請求で離婚に合意させた事例

従前の合意に近い条件での離婚成立

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者 別居
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 不明
  • 【依頼後・終了時】400万円

事案概要

夫が浮気をして自宅を出ていったのであるが、別居の前に依頼者との間で、多額の慰謝料を支払うと合意していた。しかし、相手方はその約束を反故にして、離婚と低額な慰謝料の支払いによる離婚を求めてきた。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が有責配偶者なので、相手方の要求は徹底的に無視して、不貞相手の女性への請求を始めた。

結果

相手方は、不貞相手の女性への請求が始めると、従前の合意に近い条件で合意すると折れてきた。当方としては、離婚はせずに婚姻費用をもらい続けるという選択肢もあったが、依頼者を説得し、離婚ということで合意した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他