弁護士介入後、交渉でスピード解決し、充実した内容で離婚成立となった事例

依頼者が経済的に充実した状態での離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額 財産分与 住宅ローン
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    慰謝料:400万円の請求を受けている
    財産分与:自宅の持分は全て取得したいと言われている
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円(一括払い)
    財産分与:売却益全てを依頼者が取得

事案概要

本件は、依頼者が不貞を行い、相手方に発覚、依頼者が自宅から出て行き別居を開始後、相手方へ離婚を切り出したところ、相手方が弁護士をつけて、離婚を条件に慰謝料の請求及び財産分与の請求をしてきていた。

依頼者は、有責配偶者であることから適正額の慰謝料を支払うことで早期に離婚したいという強い希望から弊所へ依頼。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・慰謝料として400万円という相場よりもかなり高額な請求をされていること。
  • ・財産分与として、自宅マンション(依頼者:相手方=5:5の持分)の依頼者の持分を全て譲るように請求されていること。

当職からは、➀慰謝料400万円は法的に妥当ではないので、到底支払いに応じられない、➁ただ、依頼者は真摯に反省して200万円の一括支払いに応じること、➂財産分与についても法的に妥当な提案ではなく、到底受け入れられないことを伝えた。

交渉を進めて行くなかで、相手方も早期に離婚したいこと、自宅に住み続けたいわけではないことがわかったので、当方としては慰謝料を直ぐに支払い、自宅は任意売却をして売却益から相手方名義の残ローンを相殺することで終了させる方が早期に離婚できることを主張した。

結果

交渉結果として、

  • ・慰謝料として一括で200万円支払うこと。
  • ・財産分与として、自宅の売却益から相手方名義の残ローンを差し引き、その残については全て依頼者が取得すること

等の内容で1ヵ月で離婚成立に至りました。

依頼者が強く希望している早期の離婚を叶えつつ、財産分与で依頼者も売却代金のうちの分与相当額を取得する形で終了させることができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他