早期に相手方に弁護士が付いたが、当初の請求額どおりの慰謝料と充実した内容で合意できた事例

配偶者の不貞相手に対する不貞慰謝料請求

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】慰謝料:300万円

事案概要

本件は、依頼者が、探偵を雇い配偶者の素行調査を行ったところ、配偶者の不貞が発覚した。

そこで、不貞相手に対する慰謝料請求と配偶者との離婚を弊所にご相談の上、依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点があった。

  • ・早期に相手方に弁護士が付いたため、慰謝料の減額交渉が想定された事案
  • ・相手方が、口外禁止条項に異常にこだわっていること

結果

交渉結果として、

  • ・相手方が、依頼者に慰謝料として請求額どおり300万円を一括で支払うこと
  • ・口外禁止条項の範囲を限定的にすること

等の内容で合意に至りました。

担当弁護士が、相手方代理人と何度も根気よく交渉した結果、早期かつ充実した結果を獲得することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他