弁護士介入後、慰謝料を増額し、実際に負担した治療費等の返還が認められた事例

慰謝料の金額を上げる交渉

離婚の原因 その他 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 慰謝料:150万円以上
  • 【依頼後・終了時】慰謝料:400万円以上

事案概要

自らが既婚者であることを秘して、婚約した相手方に対して慰謝料請求した事案。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が当方の依頼者にあることを秘して婚約し、依頼者が妊娠中絶を行なわざるを得なくなりました。

相手方は当初は慰謝料150万円と妊娠中絶に関する費用を支払う旨の回答を行ってきました。

そこで、相手方の行為が非常に悪質である点、及び、依頼者が負担した交際の費用も含む形での2人の交際の経緯を詳細に主張し、慰謝料の金額を上げる交渉をしました。

結果

相手方弁護士との交渉で、慰謝料400万円以上の支払請求及び依頼者が負担した治療費等の支払請求が認められました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他