資力が無いと主張する配偶者から、慰謝料130万円の一括払に至った事例

一定額の不貞慰謝料の獲得

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 300万円
  • 【依頼後・終了時】130万円

事案概要

本件は、依頼者の配偶者が不貞を行っていることに気づいた依頼者が、自力で不貞相手の住所等を調べた後、弊社へご相談の上、配偶者に対する離婚交渉とあわせてご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、まず、相手方が不貞の事実を認め、相手方に弁護士が就いたものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方が下級判例を示して、減額事由を複数にわたって主張してきたこと
  • ・相手方の資力がないことを資料なしに主張してきたこと

そこで、弊所担当弁護士が、個別の事例を判断した下級審判例の一部を切り抜いて主張しても本件の事情とは異なるため到底認められるものではないこと、資力がないことの証明がなければ信用できないこと、これ以上、慰謝料の金額で争うのであれば訴訟を提起することを、書面や電話で説得的に主張しました。

結果

交渉の結果として、慰謝料130万円の一括払で合意に至りました。 請求額の半分以下での合意ではありましたが、訴訟へ移行した場合追加の弁護士費用がかかること、この時点で配偶者からの慰謝料が100万円台まで吊り上がってきていたこと(最終的には150万円で合意。)を理由に、依頼者も納得されました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他