理由も告げずに10年以上前に自宅を出て行った配偶者と離婚を成立させ、慰謝料300万円に応じさせた事例

相手方が有責配偶者であることを主張した離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 別居
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 300万円
  • 【依頼後・終了時】300万円

事案概要

相手方が理由も告げずに10年以上前に自宅を出て行き、勝手に別居を開始した。依頼者から何度も戻って来るように求めたが、相手方は応じず、結局、依頼者が一人で子供を育てた。その間、婚姻費用としていくらか支払いはあったが、安定していなかった。

そして、相手方から離婚調停が申し立てられた。依頼者としては、これまでの経緯からして慰謝料を受け取らずに離婚することは考えられないと、相談に来られた。

弁護士方針・弁護士対応

悪意の遺棄にもあたると思われたので、相手方が有責配偶者であることを主張して、慰謝料を請求し、慰謝料を支払うのであれば離婚に応じるというスタンスで調停に臨んだ。

結果

最終的に、相手方がこちらの請求する300万円の支払いに応じるという条件で離婚成立

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他