調停1回で大幅な慰謝料の減額が認められた事例

解決金での調停が1回で成立

状況 離婚
離婚の原因 その他
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 慰謝料:300万円以上
  • 【依頼後・終了時】慰謝料:15万円以上

事案概要

離婚後に配偶者から、離婚に伴う慰謝料300万円を主張された事案。

弁護士方針・弁護士対応

離婚後に、離婚中の依頼者の発言により精神的に苦痛を被ったとして、慰謝料300万円の調停を申し立てられた事案です。

同居中の依頼者の配偶者に対する言動に関して、高額な慰謝料を発生させる事実は存在しなかったので、

①慰謝料は支払わない、②調停が1回で解決できるのであれば少額の慰謝料を支払う旨の方針を立てました。

そこで、調停第1回期日に、同居中の2人のメール等を証拠として提出しつつ、同居中の依頼者の言動に落ち度がなかったことを調停委員に主張しました。

そうしたところ、調停委員も当方の主張の正当性を認め、相手方に少額の解決金を支払う前提での和解案を提案しました。

結果

解決金の案で2回の協議を挟みましたが、当初の慰謝料から大幅に減額した解決金での調停が1回で成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他