相手の浮気を原因とする婚約破棄の慰謝料請求で190万円獲得した事例

慰謝料、婚約にかかる実費を請求

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求】慰謝料及び婚約破棄に伴う実費請求 300万円
  • 【依頼後・終了時】慰謝料及び婚約破棄に伴う実費請求 190万円

事案概要

両家の挨拶(結納)を済ませ、婚約指輪及び結婚指輪を購入し、1ヶ月後に海外で挙式、新婚旅行をする予定であった交際期間3年の婚約者が、入籍後に同居するために賃借した自宅での浮気現場を目撃しました(ベランダに不貞相手が隠れており、捜索の後、廃棄してあった使用済みの避妊具も発見されました。)。
婚約者とはやり直すことができないので、婚約者と不貞相手に対し慰謝料請求をしたいとのことでご依頼を頂きました。

弁護士方針・弁護士対応

浮気現場に立ち会った際、依頼者様がその場で不貞相手に名前、住所、電話番号等の情報とともに、不貞があったことを認める旨を書面に記入させたうえ、その記入の様子も動画撮影していたので、十分に証拠は揃っているものと評価されました。不貞相手について、職務上請求(住民票取得)によって本人特定をしたうえで、婚約者、不貞相手にそれぞれ内容証明郵便を送付して、慰謝料300万円と婚約にかかる実費を請求することとしました。

結果

婚約者及び不貞相手に謝罪をもらい、解決金として連帯して金190万円の支払いしてもらうことで合意できました。婚約破棄に伴う実費は数十万円程度だったため、100万円を超える慰謝料を獲得できたことになります。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー