不貞について自ら名乗り出て先手を打って交渉を開始し、勤務先に発覚する前に問題を解決した事例

スピードを重視した交渉

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求】慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】慰謝料:150万円
    離婚できた不貞相手は、依頼者と結婚

事案概要

依頼者は、同じ勤務先の相手方夫と不貞関係にありました。相手方夫婦は相手方夫に不貞があったことを前提に離婚協議を進めていましたが、その不貞相手が依頼者であると発覚していませんでした。しかし、勤務先に発覚するのは時間の問題であり、もし発覚してしまうと依頼者と相手方夫の勤務先における立場等が危うくなってしまうという不安定な状態にありました。依頼者としては慰謝料請求は致し方ないと考えているが、勤務先にばらされるのだけは絶対回避したいため、先行して交渉を開始して欲しいと依頼されました。
また、初回の相談時から相手方夫が相談に同席していましたが、そのことも相手方には絶対に隠して欲しいとの要望がありました。

弁護士方針・弁護士対応

不貞があったことこそ発覚しているが、その相手が依頼者だとは発覚していないという状況だったため、「このまま黙っておき、相手方から請求があってから初めて対応することでもよいのではないか。」「自ら名乗り出てしまうと、このまま不貞相手が依頼者であるとわからずに、慰謝料請求もなされないままになるという可能性をゼロにしてしまうことになるが、それでもよいのか。」と指摘しました。
しかしながら、依頼者としては、不貞相手が自身であると発覚するのは時間の問題であること、その時まで黙っていれば更に怒り狂った相手方が、どのような行動をするのか予測できず、最悪勤務先の不特定多数に不貞があったことを流布されてしまう可能性があること、一刻も早く不貞があったことを打ち明けて、心を軽くしたいとのご要望が強くありました。
そこで、まず電話で不貞があったことの告白を行い、然るべき後に受任通知を発送、通常どおりの不貞慰謝料被請求の交渉手続にのせられるようスピードを重視した交渉を行うことになりました。

結果

不貞があったことを自ら名乗り出つつ、相手方夫と協力して交渉を行わなければならないということで、交渉の初期段階においてこそ制約が多々ありましたが、交渉は軌道に乗り、最終的に400万円の請求を150万円まで減額することができました。また、合意書においては第三者に対する口外禁止も条項として盛り込むことができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー