離婚の合意が厳しい状況であったが弁護士の介入により調停を申し立てた結果、離婚成立となった事例

離婚調停の成立

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 調停
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
    【依頼前・初回請求額】 離婚:相手方からは拒否されていた
      【依頼後・終了時】 離婚調停成立

事案概要

当初、相手方から、離婚をすると言われていた。

しかし、依頼者が、相手方の態度に耐えかねて、依頼者から相手方に、離婚を求めると、相手方は離婚をしないと言い出し、離婚の合意をすることができなかった。そこで、離婚を求めて調停を申し立てた事案である。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、次のような争点がありました。相手方が離婚を拒否しており、当方からの明確な離婚事由もない状況であったので、相手方との離婚の合意ができない可能性があった。

また、依頼者に不貞行為があったので、裁判になった場合に、依頼者からの離婚請求が認められない可能性があり、裁判ではなく離婚で調停を成立させる必要があった。そのためには、相当高額な解決金等の金銭的支出を要することが見込まれた。

結果

依頼者が相手方に対して、慰謝料500万円を支払うこと等の条件で離婚調停が成立となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー