弁護士介入後、未払い養育費を回収できた事例

養育費の支払い

状況 離婚
離婚の原因 その他
離婚の争点 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 横浜法律事務所
結果
    【依頼前・初回請求額】約10年前から養育費が支払われない
      【依頼後・終了時】未払い分も含め養育費を全額支払う

事案概要

協議離婚をし、公正証書に養育費の取り決めを行った。しかし、その後10年前から養育費が支払われなくなったため、未払い分の養育費の回収したいとしてご相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

本件では、未払養育費の時効は5年であるところ、本件では10年前からの養育費を請求するということで、相手方が時効援用をした場合には、その5年分は回収ができないこと、相手方の勤務先も連絡先も不明であり、そこから調査を行う必要があったことの2点の懸念点がありました。

そこで、弊所担当弁護士は、まず相手方の居場所を突き止めるため戸籍の収集を行い、現住所が判明してから時効の進行を止めるため、相手方に内容証明を送付しつつ、並行して強制執行の準備を行いました。

その後、内容証明を送付した結果、相手方が書面を受領したとのことで弊所に連絡がありました。

結果

相手方から連絡があり、弁護士から、強制執行の流れや現在のお子様の状況などを伝えつつ、養育費の支払いについての交渉を行いました。その結果、時効消滅するはずの部分も含め、約1500万円全ての養育費の支払い義務があること認めて、今後分割して支払うとの合意をすることができ、その結果を再度公正証書にまとめることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー