弁護士介入後、離婚条件を公正証書作成し無事離婚に至った事例

養育費・慰謝料の受け取り

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪法律事務所
結果
    【依頼前・初回請求額】
  • 慰謝料:300万円
  • その他:子供の親権・養育費・財産分与
    【依頼後・終了時】
  • 慰謝料:150万円(分割払い)
  • その他:養育費:子供が大学等へ進学した場合には、大学等を卒業するまで(月28,000円)

事案概要

本件は、相手方が不貞を行っていることが発覚、依頼者は相手方の不貞に気付きながらも生活を共にしていた。 依頼者は、離婚したい気持ちはあるものの慰謝料や養育費などの条件を整えてから離婚したいと考え、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

・当方提示した慰謝料の300万円に対し、相手方が妥当だと考える慰謝料が100万円(譲歩して120万円)
・相手方による、養育費について、子供が20歳になる月までしか支払わないという提案
・相手方より養育費の支払いについて26,000円の提案

以上より、相手方代理人との交渉を重ね、上記に加え離婚に至るまでの婚姻費用(月45,000円)を取得できるよう努めました。

結果

交渉結果として、

・公正証書を作成
・離婚に至るまでの婚姻費用(月45,000円)を獲得
・相手方が当方に慰謝料として150万円を分割で支払うこと
・養育費について、子供が大学へ進学した場合には、支払い延長について誠実に協議するとの文言が追加されたこと
・養育費について、子供の病気・負傷・進学などの事情に特別の費用を負担する場合相手方と別途協議するとの文言が追加された

等の内容で合意に至りました。

弊社担当弁護士は、介入後相手方代理人との交渉を重ね、依頼者にとって良い条件で離婚に至るよう努めました。その結果、離婚後依頼者の生活が困らない様な公正証書を相手方と交わすことに成功しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー