相手方の頑強な抵抗にあい調停が難航したが、養育費や面会交流など、依頼者の希望通りに形に出来た事例

請求された養育費の減額

状況 離婚
離婚の原因 別居
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額 財産分与 養育費 養育費の減額 その他 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求】
    養育費月8万円
    財産分与と慰謝料併せて300万円以上を請求された
  • 【依頼後・終了時】
    養育費月4万円、満20歳まで
    解決金100万円の分割払い
    面会交流を2か月に1回程度実施する。

事案概要

本件は、相手方が、結婚後出産のため相手方の実家へ帰省し、そのまま依頼者と同居することなく、離婚を申し立ててきた事案です。

依頼者は、当初、弊所の本人交渉サポートを利用してご自身で相手方と交渉していましたが徐々に疲弊したため、当職が代理人として離婚調停を行いました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、双方ともに、離婚に同意していましたが、養育費の額、面会交流について争いがありました。なお、相手方は、財産分与も求めてきました。結婚期間が1年以内、同居期間わずか2、3ヶ月程度であったことから、弊所担当弁護士の主張や調停委員の説得もあり、財産分与の話はなくなりました。

また、養育費については、新算定表によれば8万円が高額であり、月額4万円程度がちょうど良いことから、この争点もこちらの月額4万円という主張が認められる形となりました。

しかし、面会交流については、相手方の頑強な抵抗にあい、調停が難航しました。そこで、弊所担当弁護士が、試行的面会交流を提案し、その面会交流が短い時間であったが無事成功したため、この争点も解決しました。

最後に、今後の生活費(相手方の就業支援)として、100万円の解決金を支払うことになりました。

結果

調停結果として、

  • ・依頼者が、相手方に対し、養育費として、20歳に達する日が属する月まで、月額4万円を支払う。
  • ・解決金として、100万円を分割して支払う(2年程度の分割払い)。
  • ・2か月に1回程度の面会交流を実施する。

依頼者が一番希望していた面会交流が何とか形に出来たので良かったです。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他