モラハラにより話ができない相手方に対し弁護士が代理交渉し財産分与などお互いに納得する条件で離婚できた事例

離婚の成立

状況 離婚
離婚の争点 財産分与 その他
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所

事案概要

相手方から長年にわたり、モラハラのような言動を受けてきており、同居はしているものの夫婦としての実態はなくなっていた。そこで依頼者は離婚を決意した。しかし夫婦間での会話もほとんどないような状態が長年続いていたため、依頼者が依頼者にまともに離婚の話をすることもできず、とりあえず別居した。

弁護士方針・弁護士対応

相手方の性格をふまえると、離婚を前提とした話し合いは難しそうだったため、調停で進めることを想定していた。ただ、その前に弁護士が相手方と少し話をしてみて、弁護士も介入した状態で離婚もやむなしと考えていると思われることが察せられた。そのためあえて調停は申し立てずに交渉を進めた。熟年夫婦であるため、ある程度まとまった財産はあり、依頼者としても相応の財産分与をすることは受け入れた。相手方は、新生活のための家具架電の購入を求めるなど、細かいとも思えるやりとりに終始したが、弁護士が、請求が広がりすぎるのをその都度整理していった。

結果

離婚が成立した。離婚条件は、論理的に算出される額におさまった。

依頼者としては、自分ではうまく話もできないような相手方に対し、代わりに弁護士が話をしてくれたということや、調停への出廷の手間が省けたということで、精神的に楽に過ごすことができたとのことであった。依頼者としては、弁護士に依頼することで、長年辛い思いをしてきた相手と、後に問題を残さずきっぱりと離婚できたことで、今後安心して生活ができるようになった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他