不貞慰謝料請求の事例

不貞慰謝料請求

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    不貞慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:60万円

事案概要

CLは、ある男(A)の紹介で外国人女性と結婚しました。
しかしその外国人女性は結婚後、頻繁に自宅を出て、ほどんど戻ってこなかったようです。戻ってきたとしても、接触はほどんどありませんでした。 おかしいと思ったCLが調べてみると、外国人女性はAの家に入り浸っていたことが判明しました。
激怒したCLは、Aに対して抗議をするもA男は無反応でした。
そこでCLは弁護士に依頼して、Aに対する不貞慰謝料請求に至ります。

弁護士方針・弁護士対応

Aと外国人女性との関係は、いわゆる共同不法行為の成立可能性が高いとみて、請求乃至提訴すべきと判断しました。
ただ外国人女性は資力に乏しいと思われること、以前の接触で「味方になってくれる」との内示を得ていたこと、CL「味方になってくれるなら、訴えるのは忍びない」ことから、あえて訴えないと判断しました。
金額は、Aに騙されたCLの感情が強かったので、CLと相談の上、金300万円としました。

結果

訴訟提起して手続を進めたものの、主張整理中、CLが、Aと外国人女性との関係(同棲乃至内縁)について納得した上で結婚したのではないか、という反論が被告からなされました。 しかも外国人女性が現在、Aに囲われており、Aと内縁関係にあることが分かったのです。
更に尋問でも、外国人女性がCLに有利な証言をしなかった上、CLの認識(Aと外国人女性との関係に納得していた)を根拠づける内容の尋問結果が現れてしまいました。
そこでCLは敗訴リスク回避のため、判決言渡前の和解で解決することにしました。
今回のケースは、ふたを開けてみて、反対の事情が判明したケースでした。
しかし、そのようなケースに陥った場合でも、依頼者の方に、最低限の結果をもたらすようにサポートすることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー