弁護士介入前に合意した離婚条件について、弁護士が介入し一旦反故にされたが、その後、再度同様の条件で合意した事例

離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 その他 有責配偶者
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    財産分与として5000万近い請求
    慰謝料500万円。
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料についてはほぼ同意し、財産分与として相手方請求額の半額程度となった

事案概要

依頼者は有責配偶者であったが、妻と離婚をしたいということで相談があった事例。夫は不動産投資をしており、相当多くの物件数を所持していたが、残ローンもあった。不動産の評価をどのようにするかが争点であった。

弁護士方針・弁護士対応

慰謝料や解決金について概ね相手方の要求を受け入れつつ、不動産の評価については全て査定書を出していき、不動産特有の評価減の事情についても相手方に丁寧に説明した。

結果

当初は相手方は離婚に応じないという主張をしていたが、説得の末、相手方請求額について財産分与の半額程度まで下げて合意することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー