不貞慰謝料請求を300万円以上獲得した事例

不貞慰謝料請求

状況 離婚 離婚したくない
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    不貞慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:300万円

事案概要

依頼者が、夫(大学教授)浮気を疑い自宅のパソコンを調べたところ、夫と相手方の不貞に関する証拠(メール、写真、性交渉の様子の動画等)を多数発見した。そこで、依頼者は、相手方に対する慰謝料請求と夫との夫婦関係改善について相談すべく、弊所へご来所された。

弁護士方針・弁護士対応

まず、慰謝料請求については、相手方と離婚しないことを前提にすれば、慰謝料請求の金額は下がる傾向にあることを話した。
しかし、依頼者に依頼意思が高かったため、不貞慰謝料請求事件と受任した。請求金額は、300万円とした。
次に、夫婦関係改善についても交渉事件として受任した。しかし、相手方のあまりに高圧的な態度から、このまま弁護士が代理人として交渉することが逆に夫婦関係の改善に支障を来すと考え事件終了とした。

結果

相手方は、相手方の両親の協力を得て、300万円の支払いに応じた。
しかし、相手方は、夫の相手方に対する執着が激しいと訴え、夫と相手方との接触禁止の条項を合意書に入れることに抵抗した。当職は、夫から連絡があれば断ればよくそのようなことは理由にならないと説明し何度か説得した結果、当初の条項どおり、接触禁止を入れることはできた。依頼者の要望を最大限に叶えることができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー