弁護士の交渉により、150万円以上の不貞慰謝料請求で解決した事例

不貞慰謝料請求

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    不貞慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:150万円

事案概要

依頼者は、夫の浮気を疑い、不貞相手に対する慰謝料請求と夫との離婚で弊所へ相談に来た。
相談段階で不貞相手に関する情報は、携帯電話番号と名前だけだった。

弁護士方針・弁護士対応

まず、相手方の住所を特定すべく、弁護士会照会で相手方の携帯電話の契約者情報照会することにした。その結果、女性の契約者情報が照会結果として出てきた。そして、判明した相手方の住所宛に内容証明郵便を送ったところ、ほどなく、不貞相手に代理人が就いた。
なお、夫との離婚については、当初、離婚調停を申し立てる準備を行っていた。しかし、依頼者の意向により取りやめとなり、当事者で話し合うことになった。

結果

相手方代理人と交渉した結果、150万円の支払いを受けることで決着がついた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー