相手方が固執していた退職条項を外した条件で合意できた事例

不貞慰謝料請求の示談交渉において、退職条項を外す

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    慰謝料:100万円(一括) 職場を退職する
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:100万円(一括) 接触しないことの約束

事案概要

本件は、ご依頼者様不貞を行ったところ、不貞相手の妻から慰謝料請求をされていました。それまではご依頼者様自身で交渉をしていたのですが、相手方が感情的になるため、強い恐怖を感じている状態で弊所に来所されました。金額等主要な条件は合意できていましたが、相手方は、退職条項を含めることに強く固執しており、最終的な合意ができない状況でした。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、ご依頼者様も不貞の事実は認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・退職を強制する条項を入れることに、相手方が固執していた点。
  • ・相手方が、ご依頼者様だけでなくご家族にも連絡をしたりしていた点

弁護士が介入し、なぜ退職させることに固執するのか注意深くヒアリングすると、今後、ご自身の夫と二度と会わないことを約束するために退職条項に固執しているという事情がありました。

そこで、弁護士が、不貞をしたとしても私生活上の話であり、退職を妻が強制することはできないこと、会社に連絡をすることは名誉棄損に当たる可能性があることを積極的に主張しました。

結果

交渉結果として、

  • ・ご依頼者様が相手方に解決金として100万円を一括で支払うこと
  • ・会社の外で、二人きりで会うことはしないこと
  • ・会社の外で、二人きりであった場合には、確実な資料を示したうえで、ご依頼者様が相手方に10万円を支払うこと
  • ・ごご依頼者様と相手方は、正当な理由がない限り、接触しないこと

等の内容で合意に至りました。

ご依頼者様は受任時点でかなり恐怖心を抱いていましたが、弁護士介入後は、相手方からの連絡がなくなり、安心して過ごせるようになりました。また、相手方が一番求めていた、退職条項を外すことができ、ご依頼者様のご希望に沿った解決をすることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー