夫が不貞行為を行い、妻と別れたいと申し出てきた事例。

財産分与、婚姻費用の獲得

離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の請求 財産分与

当事者の希望

離婚はしたいが、離婚後の生活が不安であり、離婚後も生活費が欲しい。

相談内容

夫の帰りが遅く不倫をしているのではないかと疑い調査会社に調査を依頼した結果、夫は不倫していました。そのことを突き付けると、夫は逆に離婚を求めてまいりました。私は、持病があり、今、夫と離婚しても生活がしていけません。夫と別れたくはありませんが、夫と別れる場合は、しっかりと生活を保障して欲しいです。

結果

夫に対しては、「あなたは有責配偶者ですので、離婚はできません。」と主張しました。その上で、財産分与として現在住んでいる自宅を全て、妻名義にすること及び離婚後の生活費として5年分の生活費を支払うという条件で離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他