不貞慰謝料として120万円の一括払いという結果を獲得した事例

不貞慰謝料請求

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    初回請求額:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    終了時:120万円(一括払い)

事案概要

ご依頼者様のご主人は、自身の勤務先と取引関係にあった会社で働いていた相手方と複数回肉体関係を持ち、継続的な不倫関係にありました。
ご依頼者様は、前日に帰宅しなかったご主人を怪しんで、ご主人を問い詰めた結果、ご主人の自白により相手方との不倫が発覚しました。
ご主人のことを信じていたご依頼者様は、ひどく精神的にダメージを受け、うつ状態になってしまいました。
相手方に慰謝料を支払わせるなどして責任を取らせる必要があると思うものの、相手方と直接話すことに抵抗があり、精神的にも参っておられたために、弁護士の介入の必要性を感じて弊所に相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

神戸法律事務所の弁護士は、まず、不貞の証拠がどこまであるかを確認し、ご主人の自白内容が録音されているために、不貞慰謝料請求を直ちに進めるべきと判断しました。
しかし、ご依頼者様は、相手方の居住地を知らなかったために、相手方の携帯電話番号をご依頼者様から聞き出し、弁護士から直接相手方に架電することとしました。
相手方は突然の弁護士からの電話にかなり動揺しており、弁護士は居住地を聞き出して、改めて内容証明郵便を相手方に送付しました。
その後、相手方は、弁護士を依頼して、弁護士同士で交渉になりましたが、相手方に支払い能力がないことを理由に、長期分割の提案をするなど誠意ある態度ではなかったために、ご依頼者様と相談しながら訴訟を見据えながら、あくまでも一括払いという条件で交渉を進めました(分割払いだと、最後まで回収できるか不確定であるためです。)。

結果

当初は相手方は一括で50万円しか支払えない、分割なら1年間で合計100万円しか支払えないなどという回答でしたが、そこから弁護士が粘り強く交渉した結果、120万円の一括払いという結果を獲得することができました。
相手方の回答を聞くたびに心が折れそうになっていたとお話されていたご依頼者様でしたが、弁護士が親身になって相談に乗ってくれたために最後まで戦えたと、心から感謝されていました。
弁護士として、ご依頼者様の心情に寄り添いつつ、相手方としっかり戦っていくという基本的な姿勢の重要性を改めて感じた事案でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー