慰謝料の減額請求において、150万円減額することでスピード解決した事例

不貞行為に基づく損害賠償請求への対応

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    慰謝料:350万円(一括)
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円(一括)

事案概要

依頼者が不貞行為を行ったのだが、その後不貞行為の相手方の夫から、その不貞行為に基づく損害賠償請求通知が来ました。
弁護士名義で来た上、通知に記載された請求金額が高額に過ぎるので、対応に困ってしまいました。
そこで依頼者は、対応を弁護士に任せようと弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、依頼者が不貞の事実を認めており、相手方との交渉自体は可能であるものの、相手方による慰謝料金350万円という、依頼者が受け入れ難い金額を提案してきました。
また依頼者は受任時点でかなり疲弊していたこともあり、早期解決を望んでいました。
そこで担当弁護士は、早期解決に優先順位を置いて交渉に臨みました。

担当弁護士は、
・今回の事案からして350万円は慰謝料の金額として相当ではないこと
・依頼者の事情含めて、相当金額での解決を希望すること
を、交渉の場で説得的に主張しました。
その後は双方、分割支払などを含めた支払条件を出し合うなどして、合意形成のための話し合いを継続しました。

結果

交渉結果として、
・当方が相手方に解決金として200万円を一括で支払うこと
で合意しました。

早期のタイミング(受任から約1か月)、かつ相応の減額をした形で、本事案を解決することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー