有責配偶者からの依頼で適切な内容で財産分与できた事例

別居期間が長期間である有責配偶者の離婚

状況 離婚
離婚の原因 有責配偶者 別居
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 財産分与 住宅ローン
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与:自宅の所有権の取得、離婚後の住宅ローンの負担、慰謝料600万円
  • 【依頼後・終了時】
    自宅の所有権を依頼者が取得し、慰謝料200万円

事案概要

依頼者は有責配偶者であったが、別居期間は15年と長期になります。別居後の住宅ローンの支払いがほとんどであったが、妻側は財産分与として自宅の権利を主張し、離婚後の住宅ローンの負担まで求められました。慰謝料も600万円という金額であり、任意交渉では話し合いは平行線でありました。

弁護士方針・弁護士対応

任意交渉では話し合いは平行線でしたので、離婚調停を申し立てました。有責配偶者ではありましたが、別居期間が15年近くとなっていることから、調停は切り上げて訴訟を提起する方向で審理を進めました。

結果

相手方サイドも訴訟になった場合は離婚が成立することは分かっていたので、途中から調停で離婚をまとめる方向で審理が進みました。結果としては、不動産は依頼者が取得し、慰謝料も200万円まで減額することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー