離婚交渉中に解決金150万円を請求されており弁護士介入によって50万円に減額できた事例

不当な慰謝料の減額に成功

状況 離婚
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    解決金150万円
  • 【依頼後・終了時】
    解決金50万円

事案概要

離婚交渉を行ったが、当方の請求は解決金30万円、相手方の請求は150万円で交渉が平行線になりました。

弁護士方針・弁護士対応

離婚交渉中に、慰謝料を基礎づける事由がないのに、解決金150万円を請求された事案です。交渉時に、早期解決のために、解決金30万円の提案をしましたが、相手方が応じなかったために、当方より離婚調停を申立てました。
依頼者と協議して、①離婚交渉時に解決金以外の離婚条件は決定していること、②訴訟も視野に入れて事件の早期解決を図ることを決めました。
第1回の調停期日には、相手方は欠席しました。第2回の調停期日には、調停委員から解決金50万円の解決案の提示されました。第3回期日までに期日間に相手方と交渉し、解決金50万円を支払うことで合意が成立しました。
以上を踏まえて、第3回の調停期日に、解決金50万円を支払うことで調停が成立しました。

結果

第3回の調停しか経ずに、早期に離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー